読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビルの谷間だとGPSって不正確?

WristableGPSとアプリGPSの距離の違い 

 
都市部のマラソン大会に出てことのある方は感じたことがあるかもしれませんが、
やはりビル群の合間だとGPSの測定に狂いがありますね。
 
今回比較したのはエプソンWristableGPS時計スマホのランアプリ
具体的には下記の仕様です。
 
ランウォッチ:エプソンWristableGPS SF810-B
 
スマホAQUOS ZETA SH-03G/使用アプリ:エンドモンド
 
江東区から新宿まで計測しました。時間の違いはエプソンWristableGPS時計の方はオートポーズ機能使用してたため、誤差があります。
 
※オートポーズ機能:信号等で止まったときに、計測を一次的にストップする機能。
 

f:id:kei4244:20170124164621j:image
f:id:kei4244:20170124164649j:image

なんと、13kmちょっとで、500mも誤差が出る結果となりました。
フルマラソンでは、1.5kmもの誤差になりますね。
エプソンのホームページによると、GPSを測定する衛星がWristableGPSの場合真上にあるため、高層ビルなどが遮蔽物にならないのだそうです。
 
 確かに3年前に都市型マラソンである大阪マラソン走った時、距離表示のかなり手前で1km計測となり、ペース配分にまごついた覚えがあります。
猫ひろしさんがアドバイザーで興味を持ったARES装着して走りましたが、1km以上の誤差がありました。
 
手元時計が42.195kmを示しているのに、ゴールがまだ先というのはかなり堪えます。
他にも機能的に優れたところありますが、エプソンWristableGPS SF810-B お勧めです。